カテゴリー : 2012年 1月

レイチェルワインのミネラルファンデーションで、40代からのナチュラルメイク!

rachel wine mineal

レイチェルワインのトライアルセットは、デザインもおしゃれ♪

ミネラルファンデーション(みねらるふぁんでーしょん)はお使いですか?!

主成分がミネラル(天然鉱石)なので、

お肌への負担がたいへん少なく、敏感肌でも使うことができると話題のコスメです。

スキンケアの効果も期待できるほどなのが、ミネラルメイクアップ(MMU)の良さです

いろいろなメーカー・ブランドから発売されるようになってきましたが、

その中でもオススメなのが、レイチェルワインのミネラルファンデーションです。

レイチェルワインさん(女性)が、

ミネラルメイクアップ(MMU)のコスメに出会ってから、

10年以上もの月日をかけて、その良さを伝えているのですが、

日本人のお肌に合わせて作られたミネラルコスメが国内でも販売されています。

製造も日本で作られているMade in Japanです。

MMUはアメリカが発祥の地なんですね。

続きを読む

背中専用の美容ゲル、背綺麗(セキレイ)を使って、お肌のうるおい実感!

sekirei review

背綺麗で、うるおいと透明感アップ!

背中ニキビやくすみやソバカスなどの背中のお悩みを抱えている、

また、綺麗な背中を実現したいという女性にオススメな背中用オールインワンゲルが、背綺麗です。

以前、ご紹介させて頂きましたが、使い始めて約1か月が過ぎました。

今日はそのレビューを書きたいと思います。

セキレイは、適量のゲルを付属のローラーで、背中の気になる部分に塗る背中専用美容ゲル。

今の時期はかなり寒いので、お風呂などの暖かい場所で塗らないと、

背中は、特に寒さに敏感な箇所でもありますので、

ヒヤっと冷たく感じてしまことも正直あるのですが、

でも、温度や湿度が下がって、乾燥する今の時期のお肌のカサカサが解消されて、

使用感はとっても良い感じですよ!!

お肌のカサつき、肌荒れが特に気になる季節でもありますからね。

そういう意味では、冬のほうが保湿効果を実感できるかもしれません。
続きを読む

製薬会社のコラーゲンゼリーで、40代からの見た目年齢を下げよう!

collagen jelly

5,000mg高配合!の製薬会社のコラーゲンゼリー

以前、「コラーゲンは、40歳がピークアウト!」という内容の記事を書きましたが、

40代にもなると、どんどん身体の中にあるコラーゲンも減少していってしまうんですね。

悲しいかなすでに20代から下降線をたどっているそうです。

コラーゲンは、皮膚だけでなく、骨や関節、そして抜け毛など

全身に影響するそうなので、年齢を重ねるごとに意識して摂っていきたい成分ですね。

40歳をすぎるとさまざまな体調の変化を感じますが、

ひざの関節が痛い、抜け毛が多くなったなどのお悩みは実はコラーゲンが不足している

ということも十分に考えられるという訳ですね。

お肌の真皮にあるコラーゲンは、90%を占めるという説もあるほど。

お肌のハリやうるおいには欠かせません。

カサカサしたお肌では、見た目年齢に明らかに差が出てきますよね。

毎日の食事からコラーゲンをたっぷり摂ることができればよいですが、

なかなかバランスの良い食事をしても、

コラーゲンを十分に補うのは難しそうです。

カロリーの高い食材にコラーゲンが多く含まれているというのもネックです。
続きを読む

40代・50代・60代のための基礎化粧品!サントリーのFAGE(エファージュ)

fage cosme

サントリーの基礎化粧品。FAGE(エファージュ)。

年齢を重ねた中高年でもお肌を生まれ変わらせることができるでしょうか?!

とても気になりますよね!

シニア向けの基礎化粧品をお探しの方にオススメなのが、このエファージュです。

CMでも放送されているサントリーの基礎化粧品が、F.A.G.E。

読み方は、「エファージュ」と読むんですね。

*「F is Attractive Graceful Energy」(酵母のちからは、魅力的で優美な美しさのちから)。

という意味があるそうです。「Fermentum(酵母) 」

販売されてから、まだ2年も経っていない新ブランドですが、

最近では、広告などでもよく見かけるようになりましたね。

コマーシャルなどでも有名な女優さんで、40代・50代・60代の方が起用されていますよね。

それだけで、年齢を重ねた女性向けの基礎化粧品だとわかりますよね。

もちろん若い方向けではないというわけではないとは思いますが、

それだけ年配の方が効果を実感できるような化粧品になっていそうです。
続きを読む